組合概要・組合理念

ホーム > 京都北山丸太生産協同組合 > 組合概要・組合理念

京都北山丸太生産協同組合

組合理念

 私たちは「北山丸太」を通して、森林・地域・組合員の健全な発展と、英々と育まれてきた木の文化を多くの人に伝え、豊かな社会づくりに貢献することを基本理念として活動します。

伝統技法を継承し良質の北山丸太をご提供します

 約600年前からつくり始めたと言われる京都府の木、北山杉。
 その特徴は節がなく真っ直ぐ、非常にきれいな木肌を持っておりおよそ30年~40年間、職人の手作業で手塩にかけて育てられ、桂離宮や修学院離宮など日本の代表的な建築に使用されています。
 当組合は、生産加工を行う組合員がこの北山杉の表皮をむき、木肌を丁寧に磨きあげた「北山丸太」を集荷し販売を行っています。 私共は永年にわたり育まれてきたこの北山杉・北山丸太の生産技法を後世に継承し、日本の木の文化を守り育てていくことが重要な使命であると考えております。
 京都北山の自然と職人の技術が融合して生まれた良質の北山丸太を、これからも日本のみならず世界中の皆様にお使いいただけるよう、提供してまいります。

組合概要

名称 京都北山丸太生産協同組合
所在地 京都府京都市北区中川川登74
電話番号 075‐406‐2955
FAX番号 075‐406‐2823
設立年月日 昭和26年8月30日
組合員数 30名 
代表者名 理事長 森下 武洋
E-mailアドレス メールアドレス
URL http://kyotokitayamamaruta.com
組合の趣旨 北山丸太を中心とした木材の生産・加工・販売・宣伝・市場開拓の共同事業を行う。

地図

大きな地図を見る

このページのトップへ